交通事故の損害賠償の金額

損害賠償の金額を決める基準は複数ある

交通事故による損害賠償と言うのは、それぞれの事故の規模等によって変わってくるのですが、損害賠償を算出する際の基準という言うのは複数あります。

一つは任意保険の会社が定めている基準となっているのですが、この基準値をもとにそれぞれの保険会社である程度違いがありますので、少々の差額が最終的には生じることになってきます。

そのため損害賠償の金額が大きければ大きいほど高い基準で算出している任意保険会社の方が支払われる損害賠償金額も高くなります。

そして自賠責保険による基準といういうのは全国一律で決められているものであり、入院や通院等に関しても、必ず自賠責の上限金額が決まっています。

ただし、症状があまりにも重いケースなどでは基準として決められている金額の2倍までを保証し、請求していくことも可能になっています。

そしてもう一つは弁護士基準となっているのですが、この弁護士基準には赤い本と青い本というものがあり、これは通称で呼ばれれているものとなっていて、青い本は日弁連交通事故相談センター基準というものになっています。

こちらは、全国向けに作られている基準となっており、2年に一回、様々な金額などについてそれまでの交通事故の判例などを参考にしながら決めることになっています。

そして、赤い本に関しては日弁連交通事故相談センター東京支部基準というものになっており、こちらは1年に1回東京を中心とした首都圏向けに作られているものです。

弁護士を通せば正当な賠償金が支払われるように細かくチェックしてくれる

上記のように、損害賠償金額を設定する際には複数の算出基準がありますが、任意保険に加入していなかった場合には、問答無用で自賠責保険保険からの支払といういうことになります。

しかし、任意保険に加入している場合であっても、保険会社から支払金額に納得がいかなというケースがあります。

その時には弁護士を通じて話をするのが1番と言われていますが、弁護士は法律的な立場から本当に正当な慰謝料や賠償金額が支払われているのかどうかを細かくチェックしてくれますので、これだけでも大きな安心感があります。

さらに最終的に賠償金額が決まってくる際にも、弁護士基準で最も高い金額での算出となっていますので、一般的な任意保険会社が算出する金額よりもはるかに大きくなると言っといった可能性があるためです。

自分自身が被害者になってしまった場合には、特に最終的な賠償金額について納得がいかないというケースも多いのですが、その時はより話し合いを続けていくことによって保険会社が示談を勧めてきても、これに応じず、納得のいく金額まで何度でも交渉を続けることでお互いに最終的な損害金額が大きくなるというケースもたくさんあります。

自賠責の場合には、一律で決まっているもののですが、そうでなかった場合には一律で決められているものではありませんから少しでも損害賠償金額を高くしたいと思ったり、保険会社から提示された金額では納得できないという場合には、早めに弁護士に相談し示談交渉に向けてしっかりとした請求を行っていくと良いでしょう。