自損事故・物損事故ではどのような責任を負うことになるのか?

自分が車やバイク等の運転をしていて物損事故を起こしてしまった際に、車が壊れてしまうだけであれば、自分の責任だと諦めることができますが、ガードレールや電柱、その他ほかにも道路標識など公共物を破損させてしまった場合には、どれだけの賠償請求が行われるのかと不安になってしまうでしょう。

自分の車にに関しては、自損事故に対しても保証される任意保険もありますので、このような保険に入っていれば安心です。

しかし、任意保険の内容によっては自損事故がフォローされないものもありますので、このような保険であれば自腹を払ってでも車両の修理をするしかありません。

また自賠責保険に関しては物損事故に対し一切の保証は受けられませんから、このような部分でも覚えておくことが大切です。

公共物を破損させた場合は弁償する必要がある

前述の通り、公共物の損害となってしまった場合には、自分の交通事故が原因で壊した物を弁償しなければなりません。

これに対してはガードレールの場合、支柱を含めた1枚が30万円と決まっています。

そして道路標識等に関しては、それぞれ50万円前後が必要となってくるので、十分に注意しながら運転しなければなりません。

このような公共物を壊した場合には、新品と交換することになりますから、やはりそれだけ費用も高くなってしまいます。

また、このような公共物以外ににも電柱の場合には、数十万円から1千万円以上、さらに信号機機の場合には、500万円から1000万円以上の賠償請求が行われることになっています。

特に電柱の場合には、気をつけなくてはならず、単純に電気のケーブルだけではなく、この他にもインターネットの光回線ケーブルやケーブルテレビ、そのほかにもさまざまな有線放送のケーブルがありますから、沢山のケーブルを使っていればいるほどに修理費用も高くなります。

新たに仮の電柱を立てた上で一度ケーブル類を移設し、その後本格的にもう一度電柱を建ててケーブルなどをすべてつなぐと言った形になりますから、二回分の費用が必要となり、自分では到底で払うことができないと思えるような金額での請求が来てしまうことになります。

同乗者を怪我させた場合はその保証も忘れてはならない

誰かが車に車に乗っていて物損事故を起こしてしまったという場合には、好意同乗というのがありますので、同乗者が自ら車に乗っているケースでは、共同の責任を背負わされるといったこともあります。

こうした問題で揉めてしまい弁護士を通じての話し合いが行われることもあります。

また、物損事故であっても、自分での自損事故をしてしまったというケースでは、運転手は同乗者に対して保証するということも考えられますが、任意保険の内容で同乗者保険を付帯させていなければ、保険からの保証が受けられませんから、ドライバー自身が誠意を持って同乗者に保証を行っていくというのが、一般的的です。

自賠責保険の場合には前述した通り、自損事故に対して一切の保証はありませんから、やはりドライバー側がしっかりと保証するしかないでしょう。

ただし、同乗者がドライバーに無理やり矢理お酒を飲ませていたり、無理矢理運転をさせていたなどと言うケースでの事故は同乗者に大きな責任が出てくるので、必ずしもドライバーばかりが負担しなければならないと決まっているわけではありません。

このような部分でしっかりとした判断をするためにもその場から離れるのではなく、必ず警察を呼ぶ必要があります。