無免許と自動車事故

自動車にしてもバイクにしても、運転をするということは必ず免許を所持しているということになります。
免許を所持していない人の場合の運転と言うの無免許運転になりますので、これは法律違反となり処罰を受けなくてはなりません。
一言で無免許といっても本来は免許を所持している人が単純に免許証を忘れてしまい免許証不携帯という形で運転をしているのであれば、さほど大きな処罰は加えられないのですが、運転する資格そのものがない状態で運転するというのは、上記の通り厳しい処分となっています。

またここでの無免許運転というのは単純に一度も自動車学校などに通ったことがなく、免許を取ったことがないと言う以外にもこれまでは免許を持っていたけれど、様々な批判などによって免許停止期間中や免許取り消し処分となってしまい、次に免許が取れるるまでに欠格期間というのも含まれてきます。
万が一にでもこの無免許期間中に交通事故を起こしてしまった際には、任意保険に加入していても一切保証がおりないという保険会社もたくさんあります。

近年では少しずつ、無免許期間中でも対応してくれる保険会社が増えてきているのですがそれでもやはり全てではなく、さらに加害者となってしまったケースでは保証してくれないという保険会社がほとんどです。

被害者に対しての保証の内容について

無免許運転をしている中で交通事故を起こし自分自身が加害者になった際には、当然ながら前述した通り任意保険をはじめとして自賠責保険などからも自分に対しての保証や車両に対しての保証は一切行われず、被害者に対してはしっかりと被害者を救済しなければなりませんから、任意保険が使用できる会社であれば任意保険が使用できない状態であっても、自賠責保険から保証がおりることになっています。
しかし、自賠責保険からおりる保証というのは限度が決められているため、大きな事故で加害者に後遺症は残ってしまうと、あなたの場合には自賠責保険からの支払いだけでは足りなくなってしまいますので、その方が加害者と被害者側でしっかりとした話し合いを行い示談が成立するまでの間で被害者が納得するだけの逸失利益を含め、治療費や休業保証などについても支払い続けていかなくてはなりません。

またこのような状況で交通事故を起こしてしまえば、さらに違反が重なってしまうので、再び免許が取れるまでの期間も長くなりその分自分自身も困ることになります。

交通事故が起きた際に警察を呼ぶことは阻まれても必ず呼ぶ

無免許の状態で車やバイクなどを予定している人が加害者になった場合、被害者に対してその場で警察を呼ばないでくれということがあります。
例え自分自身が怪我や車の損傷などが少なくても、ここでわかりましたと言ってしまうとその後何らかの痛みが出てきたりした場合にも保証を受けることができなくなります。
そのため、相手に阻まれることがあってもその場で必ず警察を呼ぶようにしましょう。
時には加害者が無免許状態で捕まると仕事が出来なくなってしまうなどということもありますが、このような内容に同情する必要は一切ありません。

無免許状態で運転するということ自体が違反ですので、自分に対しての保証をしっかり受けるためにも必ず警察を呼ぶようにしましょう。
交通事故が起きた時には警察を呼ばなくてはいけないといった決まりがありますので、その中で警察を呼ばないでくださいなどとお願いしてくるケースでは、何かしら加害者が自分自身に不利な状況もっていうことが多く、結果的に警察が来て調べてみたところ、無免許状態だったという事もたくさんあります。