盗まれた車が交通事故を負うとどのような責任が発生するか?

自動車の盗難事故と言うのは、数年前に比べると少なくなってきているのもの、自分だけは大丈夫などといった意識を持たないことが大切です。

必ず自分の持ち物として、徹底的な管理を行わなくてはならないのですが、万が一にでも自分の車が盗まれてしまい、盗まれた車がその後交通事故を引き起こしていたのだという言う場合には、誰が責任を負うのか車の持ち主としては非常に心配になってしまうでしょう。

やはり、盗難車両を運転しているドライバーという言うのは、警察の検問やパトロールに関して、過敏な反応を示すケースがありますから、このような部分から検問を発見して逃げた気結果逃げている途中に、非常に大きな交通事故を起こすなどということも考えられます。

盗難車両が交通事故を起こした場合、誰が責任を負い、賠償金等の支払いするのかはケースバイケースで変わってくるので覚えておきましょう。

必ずしも、盗難された車だからと言って、盗難した人物が全面的に悪くなるとは限りません。

盗まれた時の車両の状況によって盗難被害者の責任も変わってくる

コンビニをはじめとして、スーパーなどでもちょっとした買い物ただからと、鍵をつけたままで車を離れてしまうドライバーさんはたくさんいます。

確かに自分の中ではすぐ戻るからといった認識かもしれませんが、この少しの間に車を盗まれてしまう可能性もあるわけです。

これだけではなく、道路上に車を止めておいてちょっと用事があったため目的のお宅の玄関を訪れていたといったケースや、届け物をしていたなどだといったケースでも、このような状態で車を盗まれてしまった場合には、その後の事故について盗んだ犯人ではなく、盗みやすい状況で車を保持したドライバーにも責任があると言われるケースがたくさんあります。

自宅の駐車場や庭などでエンジンをかけたまま車を放置していて、その間に車が盗まれてしまったというのであれば、車の所持者に責任が問われることは少ないと言えるのですが、自宅の前の道路に同じ状態で車を放置していた場合には放置していたドライバーに過失を問われることがあります。

近年では宅配便の車なども極力エンジンをかけずにしているのは、こうした事故を防ぐためであり、万が一事故が起きてしまった際にもドライバー側が過失を問われることがないようにと言う意味も含まれています。

盗難車が事故を起こしても任意保険は使うことができる

上記したようにドライバーにも過失があると判断されてしまうことがあるのですが、自分の車を盗まれた上で、交通事故起こされたといったケースででは、ケースバイケースでドライバーに責任が発生することがあります。

その際の賠償金の支払いについては、ドライバーが加入している任意保険を使用することができますので、保険に加入している状態であればさほど大きな心配をする必要はないでしょう。

ただ、個人的的な気分としては、盗難された車が大きな事故を起こしていて、誰かに怪我を負わせていたということになれば、万が一車両を修理して手元に戻ってくると言われても、そんな車はいらないとなってしまうのも当然です。

このような場合には、車両の修理を行なうか、それともそのまま廃車にするかといった部分では、ドライバーが判断することができるようになっています。

あくまでも被害者にに対しての保証は、任意保険が使用できますので、こうしたことを考えても、やはり車の運転をする人やバイクの運転をする人は任意保険に加入しておくことが非常に大切だということが分かります。

また、盗難した犯人が見つかった場合には、当然ながら盗難した本人も責任問題を問われることになりますから、そこで様々なトラブルが生じてしまい話し合いがうまくいかないようであれば、弁護士等を通じて車を盗んだ事実を含め盗難した犯人がどれだけの保証をするのかといった部分で十分な話し合いを行っていくようにしましょう。